AppBag

様々なジャンルのiOSアプリとアイテムを紹介します


岩牡蠣と真牡蠣の違いについて知ろう

f:id:ibarakito:20190707012436j:plain
f:id:ibarakito:20190707012410j:plain

岩牡蠣と真牡蠣の違い、わかりますか?

筆者はなんか高い牡蠣があるなーってぐらいの認識でした。全国の牡蠣好きの方ごめんなさい。筆者も牡蠣は好きなんです、何度かあたっていますが食べるくらいには。

さて、今回はこの二つの違いを比べてみようかと思います。

 

夏が旬の岩牡蠣、冬が旬の真牡蠣

f:id:ibarakito:20190707013658j:plain
f:id:ibarakito:20190707013717j:plain
左:岩牡蠣、右:真牡蠣
値段

一般的に高い方が岩牡蠣です。岩牡蠣には天然物と養殖物があり、その違いでも値段に差があります。真牡蠣は養殖物がほとんどです。

大きさ

大きい方が岩牡蠣です。岩牡蠣は長い時間をかけて育つため、身も殻も大きく育ちます。

岩牡蠣は夏が旬、真牡蠣は冬が旬です。岩牡蠣の水揚げ時期は6〜9月となります。真牡蠣は産卵期に一気に産卵するため味の落ちがあり、産卵期前の冬が旬となります。

ジューシーなのが岩牡蠣、旨味が凝縮しているのが真牡蠣、といった印象でしょうか。真牡蠣の方が小ぶりな分だけ旨味も牡蠣特有のクセも強い印象があります。

産地

岩牡蠣日本海側で多く水揚げされ、真牡蠣は太平洋側で多く養殖されています。

 

 

まとめ

恥ずかしながら、岩牡蠣の旬が夏だというのは実は調べて初めて知りました。

しかしながら旬の違う2種類の牡蠣がいるというのは朗報で、夏は岩牡蠣をポン酢でいただき、冬は真牡蠣を鍋でいただくことで一年を通して牡蠣を楽しむことができるのですね。これからの牡蠣ライフが捗るなあ。。

プライバシーポリシー / お問い合わせ / プロフィール